カード

「遊戯王 デュエルリンクス」をプレイしてみて思ったこと

遊戯王デュエルリンクスの基本情報

タイトル 遊戯王デュエルリンクス
ジャンル カード、バトル
配信開始 2016年11月17日
ダウンロード数 世界累計1億突破
料金 無料(アプリ内課金可能)

「遊戯王 OCG」が初めて世に出たのは1999年
そこから、ゲームボーイやプレイステーションなどのハードを経て、スマートフォンアプリとして、遊戯王が気軽に楽しめるようになりました。
現在ではPC版でも出ており、出先ではスマホ・家ではPCという遊び方もできます(スマホ版のデータをPCと連動することができます)。
今回は、そんな「遊戯王 デュエルリンクス」をプレイしてみました。

遊戯王 デュエルリンクスとは

「遊戯王 デュエルリンクス」とは、KONAMIから展開されている「遊戯王 オフィシャルカードゲーム(OCG)」を基準に開発・運営されているオンライン対戦型のカードゲームです。
開発・運営も同じくKONAMI行っており、キャラクター毎にセリフがあったり、特定のモンスターの3D演出があったり、カードゲーム以外のところも細かく制作されています。
基本的なルールは、「遊戯王 OCG」と同じで、元々カードゲームをプレイしていたユーザーは問題無くプレイできます。
カードゲームはやったことは無いという方も、しっかりとしたチュートリアルがあるため、興味があったという方も初めての方も安心してプレイすることができます。

OCGとデュエルリンクスの違い

基本的なルールは「遊戯王 OCG」と同じなのですが、スマホのサイズ感や手軽さといった観点から、若干異なる部分があります。
主に「フィールドのルール」「フェイズのルール」が「遊戯王 OCG」とは異なるので、その2点を紹介します。

フィールドのルール

デッキ枚数やフィールドの広さに違いがあります。
■【遊戯王 OCG】の場合
デッキの枚数:40枚以上、60枚以下
● 決闘開始時の手札枚数:5枚
● 決闘開始時のライフポイント:8000点
● エクストラデッキの枚数:15枚以下
● モンスター、魔法罠のフィールド枚数:5枚以下
● キャラクターの固有スキル:なし

■【遊戯王 デュエルリンクスの場合】
デッキの枚数:20枚以上、30枚以下
● 決闘開始時の手札枚数:4枚
● 決闘開始時のライフポイント:4000点
● エクストラデッキの枚数:5枚以下
● モンスター、魔法罠のフィールド枚数:3枚以下
● キャラクターの固有スキル:あり

デュエルリンクスでは、全体的に規模が小さくなっています。
OCGのやり方でモンスターを召喚していくと、場がすぐに埋まってしまうので、本来とは違った運用や考え方が求められます。
そこが難しいところであり、デュエルリンクスの醍醐味かなと思います。

フェイズのルール

フィールドを進めていく上で、フェイズのルールがOCGと若干異なります。
■【遊戯王 OCG】の場合
1. ドローフェイズ
2. スタンバイフェイズ
3. メインフェイズ1
4. バトルフィズ
5. メインフェイズ2
6. エンドフェイズ

■【遊戯王 デュエルリンクス】の場合
1. ドローフェイズ
2. スタンバイフェイズ
3. メインフェイズ
4. バトルフェイズ
5. エンドフェイズ

デュエルリンクスでは、「メインフェイズ2」が存在しません。
バトルフェイズが終わったらエンドフェイズに移ってしまうので、バトルが終わってからのモンスターの召喚・魔法罠のセットなどが行えません。
そのため、臨機応変な対応ができなくなるので、あらかじめバトルフェイズに入る前に、カードをセットする必要があります。
特に速攻魔法は、セットしたターンは発動することができないので、注意が必要です。

課金するメリット

デュエルリンクスで、課金する項目はいくつかありますが、やはり大きくは「カードパックの購入」にあるかと思います。
基本的に、1つのパックを大量に購入しておけば、あらかた大枠ができるデッキが多いのですが、本気でランク戦を勝ち抜こうとしたら、様々なパックのレアカードを何枚も当てる必要があります。
その他にも「構築済みデッキ」など購入することができ、この「カード購入」に多くお金を使う人が多い印象です。

カード購入以外には、以下の項目があります。
● アイテム購入
● デッキ枠購入
● NPC購入

スマホでの操作について

基本的にタップ&ドラッグの操作になっており、UIもわかりやすいので直感的に操作することができます。
決闘中は上からの「スカイビュー」と「斜め視点」のどちらかを選択できますが、どちらかというと「スカイビュー」の方がおススメです。
「斜め視点」では、カードの上にモンスターが浮かび上がるという魅力的な演出がありますが、カメラワークが結構ぐるぐるするので、いまいち操作しずらい時があります。
一方「スカイビュー」では、カメラの位置は固定で操作しやすいので、決闘に集中したいという方にはおススメです。
CPU戦などで、演出を楽しみたい場合は、「斜め視点」も楽しいので、状況に合わせて変えると良いかと思います(視点は、決闘中に1タップで簡単にに切り替えることができます)。

まとめ

遊戯王 デュエルリンクスは、日本だけでなく海外でも非常に人気のゲームです。なので、ランク戦の大半は海外の方とマッチングする印象です。
実際に戦術を考たえりするのが面白いゲームなので、カードゲーム好きはハマるゲームかなと思います。

👇ダウンロードはこちらから👇

遊戯王 デュエルリンクス
遊戯王 デュエルリンクス
posted withアプリーチ