RPG

「FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS」の特徴を解説!

「FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS」の基本情報

タイトル FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS
ジャンル RPG
配信開始 2019年11月14日
ダウンロード数 800万突破
料金 無料(アプリ内課金可能)

「FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS」は、SQUARE ENIXgumiが新たな形で取り仕切る本格タクティカルRPGです!

スマートフォン向けのRPG「FFBE(ファイナルファンタジー・ブレイブエクスヴィアス)」の世界観を引き継ぎながら、FFシリーズではおなじみの「ジョブ」「アビリティ」というシステムも搭載されています。

フィールドが3Dなので高低差があったりと、戦略を立てながら行うバトルがとても魅力的です!

 

ゲーム内容と特徴

ゲームの舞台は、アードラ大陸のリオニスという小国に生まれた双子の王子「モント」と「シュテル」が主人公で、国家の為にお互いに協力していたが、交錯する運命や絆や愛、友情から確執を生み「幻影戦争」が始まっていく・・・

 

高低差のあるフィールドでタクティカルバトル

バトルは、敵味方がCT(素早さ)が溜まった順番に行動するターン制で勝利条件を目指します。序盤の勝利条件はほとんどが敵を倒すことです。

グリッドで区切られた盤面上のフィールドでユニットを移動させ、「通常攻撃」や多種多様なアビリティを使用して戦います。

各アビリティには使用できる回数が存在し、必要条件を満たすことで強力な必殺技「リミットブレイク(LB)」も使用できます!他にも広範囲の敵に強力な一撃を与える「召喚獣」も使用できます。

バトル画面の右上の”h”が高低差を表しており、高低差によりユニットの移動や攻撃に制限がかかるので、この高低差を考えて行動して攻撃することがこのゲームの醍醐味と言えます!

例えば弓で攻撃する場合は、高い位置にいれば射程距離が延び、より遠くの敵まで攻撃を与えることができたりします。

また、注意が必要な点として、攻撃できる範囲に味方も入ってしまうことがあり、味方まで攻撃できてしまいます。これもバトルを進める上で考えなければいけない重要な要素です。

 

チュートリアル後の「初心者の館」からスタート

どのゲームでも最初はチュートリアルから始まり、だいたいのゲームの内容や、戦い方やメニュー画面の操作方法を学ぶことができます。ただ、私はよくあるのですが、チュートリアルが終わったあとに「あれ?これどうやるんだっけな?」とか「次どこ行けばいいんだろう?」とかちょっと分からなくなったりします。

そんな人のためにも「初心者の館」という更にゲームの遊び方を解説してくれるコンテンツが用意されています。チュートリアルが終わったらまずは「初心者の館」を始めることで、より一層ゲームのルールや操作方法を理解することができます!

 

フルボイスシナリオ

RPGはやっぱりストーリーが1番大事だと思いますし、なかなか全部のセリフを読むだけだと、ゲームの世界観に入り込みづらいところはあるので、「FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS」フルボイスで進む分、とても見やすくアニメ感覚でストーリーを楽しむことができます。ストーリーはリラックスして見て、バトルは戦略立てて考えながらプレイとメリハリがつきます!

また、ストーリーは左下の”AUTO”でオート設定にできるので、セリフごとにタップして次に進む必要がないのも良いですね。

 

幅広いユニットの育成

高低差のあるフィールドと並んで、バトルを面白くしてくれる要素として「ユニットの育成」があります。ユニットは5体まで選んで編成することができ、お礼のギルを払えば同行者を1体連れていくことができるので、最大6体で出陣できます。

ユニットはレベルを上げることだけではなく、武器の装備の他に、「アビリティボード」を解放させていくことにより、新しいアビリティの習得と強化することができます。アビリティボードを解放するためには、クエストクリアするともらえるジョブポイント(JP)が必要なため、ジョブポイントは意識して稼ぎたいですね。

 

課金について

ロイヤルランクシステムを採用

もちろん無課金でもゲーム自体を楽しむことはできるのですが、「FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS」「ロイヤルランクシステム」を採用しており、つまり課金した量によって、ゲームシステムを解放したり、無課金のユーザーより有利になったりする仕組みのことです。これには賛否両論あって、もちろんゲーム制作会社は売上を作らなければいけないので、課金要素はほとんどのゲームにあると思いますが、課金したユーザーが有利になるシステムは結構反対するユーザーがいるのも事実です。

 

まとめ

ユーザーレビューでもユニットの育成がどちらかというと課金者向けなので、やっぱり不満に思っているユーザーもいるようですが、ストーリーの面白さや高低差があるフィールドでのバトルなど良い評価も多いです。私自身もストーリー自体が面白いと思いましたし、課金しなくてもバトルは楽しめるので、それでいいかなという感じでした!

👇ダウンロードはこちらから👇

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS
FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS
posted withアプリーチ