シミュレーション

あなたの経営手腕が試される!「美術株式会社」

美術株式会社の基本情報

タイトル 美術株式会社
ジャンル シミュレーション
配信開始 2019年4月26日
ダウンロード数 不明
料金 無料(アプリ内課金あり)

「美術株式会社」は怪盗に美術品を全て盗まれた美術館をイチから立て直すために試行錯誤する「経営シミュレーション」ゲームです。

美術館の魅力を高めるために、オークションに参加して美術品を落札したり、探検に出かけて美術品を発掘してくるなどをして、美術館をアップグレードしていき、最終的に世界で1番魅力的な美術品を目指して経営していきます。

 

美術株式会社の特徴

デフォルメされたアート作品がキュートな世界観

アニメのようなキャラクターが可愛らしいですし、特に美術品がキュートにデフォルメされていて、とても魅力的な世界観です!

誰もが見たことがあったり、知っている絵画や石像などがキュートに表現されていて、美術品の解説付きなので、自分が知らなかった世界的に有名な美術品について学ぶこともできちゃいます!

 

真贋見極めミニゲーム付きのオークション

美術館をアップグレードしていくためには、オークションに参加して美術品を落札する必要がありますが、オークションで入札する前に、真贋を見極めるミニゲームがあります。よく見れば分かる間違い探しのようなゲームですが、間違えて落札してしまうと偽物を買ってしまうことになるので要注意です!

【仕入】実際のビジネスで商品を仕入れることと同じですね。

 

管理人を雇用してより良い経営を

執事のウィルフレッドに管理人を雇用してもらうことができます。管理人の仕事は「展示している美術品の警備」と「美術品の探検」です。更に管理人それぞれの能力で経営をサポートしてくれます。(例:探索時間を10%減らせる)そして管理人のレベルを上げていくことができます(人材育成)

【雇用】働いてくれるスタッフがいないと経営はできません。

 

時間経過とタップで売上獲得

コインのマークをタップすると、「美術品の展示による収入」「入場料による収入」が得られます。また、来館者(お客様)にもコインマークがあり、タップするとお金がもらえますが、これは「お客様からのチップ」か何かでしょうかね(・・?

【売上】売上からオークションや探検での美術品の仕入費用や、美術館の拡大や修繕費用を捻出します。

 

広告を見て売上アップ

来館者の中にはコイン以外に札束(現金)やダイヤ(ジェム)のマークが付いた人がいて、タップすると20~30秒程度の他のアプリなどの広告動画を見ることになります。見た報酬として、現金やジェムを獲得できます。

獲得した現金やジェムで、美術館の設備投資やハイレベルな管理人の雇用が可能となります。もちろん課金することで、現金やジェムを増やすこともできます。

【設備投資】1流の美術品があってもそれ相応の展示施設がないとお客様に失礼ですね。

 

ゲームの流れ

まずはプレイヤー(自分)の名前を決めるところから始まり、オーナーの館長から美術館を引き継ぐことになったので、美術館の中を案内してもらいます。

すると、どこかで見たことあるような「怪盗」シルバーフォックスが侵入してきます!

そして、美術品全てを盗んだ後に放火して逃げてしまいます!(何という悪党)

なんとか火事の時に持ち出した「叫び」とともに、ボロボロの場所を借りて美術館を再開します。

その後はメイン画面にてオークションの参加方法や管理人の雇用方法のチュートリアルが始まります。

最初はこのように進めてみよう

資金稼ぎ

売上を上げるためには、オークションに参加したり、管理人を雇ったりするための資金が必要になります。まずは、時間経過や広告動画を使ってコインやジェムを貯めていきましょう。ジェムが貯まったら、管理人ガチャをやってみても良いと思います。ハイレベルな探検家が出れば、良い美術品を発掘してきてくれます。

怪盗シルバーフォックスのクエスト

全て盗んで放火した大悪党の怪盗シルバーフォックスが再登場し、美術品を手に入れることができるクエストができるようになります。これがメインストーリーとなり、クエストを進めるうちに、モナ・リザの行方も徐々に判明してきます。

売上拡大

美術品を落札したり、管理人を雇用していくうちに美術品の数が増えていきますが、ゲームとは言え「経営」ですので、常に売上の最大化を考えなければなりません。つまり、どの美術品と管理人をセットにすれば売上があがるか、今の資金力でどの設備投資をすれば1番売上が上がるかなど、現状で1番売上がアップする手段を選択していくことがゴールへの近道となります。

 

まとめ

モナ・リザの行方を追いながら、自分の理想の美術館を目指していくゲームとは言え、しっかり経営の要素も詰まっていると感じました。また、自分の知らない有名美術品の知識も増えますし、広告動画があるので、ゆっくりテレビなどを見ながら片手間でもできてしまう手軽さも魅力の1つです。また、怪盗キ〇〇じゃなかった、シルバーフォックスや他の管理人もどこかで見たことあるキャラクターだったりするので、そこも面白い。通常の美術館以外にもエジプトへ出張して、エジプトで美術館を経営できたり、飽きさせない工夫もしてあります。

👇ダウンロードはこちらから👇

美術株式会社
美術株式会社
posted withアプリーチ