レース

本当にリアル?「Real Drift Car Racing」をやってみた!

「Real Drift Car Racing」の基本情報

タイトル Real Drift Car Racing(リアルドリフトカーレーシング)
ジャンル レース
配信開始 2014年7月3日
ダウンロード数 全世界2000万突破
料金 110円前後(為替により変動)、アプリ内課金可、Lite版無料

「リアルドリフトカーレーシング」はその名の通り、リアルなドリフト走行を疑似体験できるレーシングゲームです!

 

「Real Drift Car Racing」の特徴

高グラフィックでリアルなドリフト走行

スマホゲームでありながら、グラフィックは美しく、サイドブレーキを使ったドリフト走行の挙動を細かく再現しています。更に車内視点でのプレイも可能なので、よりリアルな感覚になりますね!

また、リアルなのは操作性やグラフィックだけでなく、サウンドにも力を入れています!エンジンサウンドや、サイドブレーキを使ってクラッチ蹴りのような入れ方をする際の音など、リアルさを追求する上でやはり音はとても重要だいうことを認識させられました♪

 

細かなチューニング設定が可能

チューニング項目は「PERFORMANCE」「HANDLING」「TRANSMISSION」で、ギア比やスピンの抵抗線、ハンドルの切れ角など、結構細かなところまでセッティング可能です!

エンジンをいじりまくって2000馬力にしたり、サスペンションの項目をいじりシャコタンにしたり、自分好みな車にカスタマイズできちゃいます!

ドリフト用の「ドリフトタイヤ」以外にも「グリップタイヤ」も用意されており、このタイヤを使えば「ドリフト走行」だけでなく「グリップ走行」までリアルに再現できちゃいます!

 

アメ車から日本車まで豊富な収録車種

レースで貯めたお金(もちろん課金もできます)で新しい車種の購入が可能です。アメリカのマスタングなどマッスルカーから、日本のGT-R、シルビア、スープラなど20種類以上のモデルが収録されています。トラックなんかもあります(;^ω^)

お金を貯めて自分の好きなモデルをチューニングしていくのは、実世界でも同じですね!

 

収録コースも多数あり

収録車種も多くあれば、コースもたくさん収録されています。コースは20コース近くあり、種類もサーキット、ジムカーナから、市街地や峠など様々で、順走と逆走があるので、レイアウトとしては35パターン以上になります!

これだけバリエーションがあれば、なかなか飽きることはありません。日本の有名コースのようなところもあります!

 

まずは無料のReal Drift Car Racing Liteでお試し

「Real Drift Car Racing」は有料アプリでだいたい110円前後と(為替により変動)、うまい棒10本程度です!たったの100円程度なので、万が一プレイしてみて自分に合わないなと思っても、全然痛くない良心的な金額ですね!逆にこの値段でこのクオリティーのドリフトが味わえるなんてお得です!

それでも、どうしようかなーという方には、無料でゲームの一部が体験できる「Real Drift Car Racing Lite」というLite版もありますので、こちらで試してみるのもアリですね!

 

ゲームの流れ

ゲームを始めるとまずデータのダウンロードが始まります。

データのダウンロードが終わると、いきなりAE86が現れます。こちらがメイン画面となります。

左下の「GARAGE」からチューニングができます。もちろん最初はお金がないので、何もできません(;^ω^)

左上の「LEADERBOARDS」からは世界中のプレイヤーのランキングが見れます。通信対戦などのシステムはありませんが、こうやって世界の上位プレイヤーのタイムやポイントが見れるのでランク入りを目指し、チューニングして腕を上げていきましょう。

右下の「CAREER」からは大会に参加できます。大会と言っても通信対戦ではないので、ある一定のポイントを獲得すると、賞金がでるようです。

そして、右上の「QUICK RACE」からサクッとレースが楽しめます。賞金はありませんが、ドリフトポイントやタイムによってお金がもらえます。「DRIFT RACE」では長い時間きれいにドリフトを決めることができれば高ポイントを獲得でき、「TIME ATTACK」ではレースのタイムによってポイントが決まります。

まずは「QUICK RACE」や「CAREER」でレースに参加してお金を貯めてから、自分好みの車にチューニングしていきます。

もしくは、金に物を言わせて課金して、先にチューニングしていくのももちろんOKです!(⌒∇⌒) メイン画面右上の「+」マークから課金可能です。

 

操作設定も自分に合ったように変更可能

操作方法は、基本的にスマホの加速度センサーを利用しており、スマホを傾けてカーブを曲がったりします。この手のゲームが初めての方は、慣れるまでに結構時間がかかるので、メイン画面左上の設定ボタンから、操作設定の変更が可能です。

自分の過去の走りのゴーストと並走したり、スローモーションエフェクトの設定などのグラフィック設定もここから変更可能です。ゴーストと並走して過去の自分に抜かれたりすると腹立ちますよね!(;^ω^)

 

まとめ

チューニングのオプションはもちろんのこと、グラフィックやサウンドもとても凝って作られているので、リアルなドリフト走行が体験できます!有料ではありますが、価格はたったの100円程度なので、まずは無料版のLiteで試してみて楽しかったら即買いですね♪非常にクオリティーの高いゲームに仕上がっています!